2017年3月18日 (土)

ブログ引っ越します

長年お世話になったeoブログさんですが、3月末でサービス終了とのことで、↓に引っ越すことになりました。

http://blog.livedoor.jp/capicapi2/

のんびりぼちぼち更新します。

2017年2月 5日 (日)

ルイード1歳になりました♪

早いもので家に来て9ヶ月。2/2は誕生日のルイードの誕生日でした。なかなか可愛いウエスに育ちました(*^_^*) 下の物体(?)はとりあえずスルーでお願いします(笑)

Dsc_0188_2

カピの8歳の誕生日は11/23だったんですけど、ピーがだいぶ調子悪くなってきていたので、まぁ、飼い主的事情ではありますが、お祝いって感じでもなく、いつも通りのゴハンになってしまったので、今回は2匹のためにいつものデリカを注文しました。

Dsc_0203

ルイルイ、お誕生日1歳のお誕生日おめでとう(*^o^*)♪ ケーキよりピザだわね(笑)

Dsc_0205

プレゼントにカラーとリード。3匹分なのでルイにだけってことでもないんですけど(^^ゞ 左から…レオ、ルイ、カピになります。

Dsc_0209 

レオには毎日メチャクチャにされてますが、仲良くやってます♪ カピとはどうだかわかりませんけどね~(笑)

Dsc_0192

よそん家でも暴れ放題…(^_^;A 

Dsc_0162

おまけ(?)でボロドーくんもUPしときましょ^m^ 3週間ほど前の写真なので、今は↑が最新の感じです。 

Dsc_0127

Dsc_0147

カピも元気にしてますが、 ワクチンやフィラリアの検査以外で動物病院に行ったことのなかった子が、3週間ほど前、突然咳が出るようになって“気管虚脱”と診断されましたが、とりあえず1週間薬を飲んで、今は全く咳は出なくなりました。自然に治る病気ではないので、今後も経過観察が必要なんですけど、とりあえず普通な感じで大丈夫そうです(^_^)v 

Dsc_0212

タイトルのわりにはレオの露出度多めでしたね…(笑)

2017年1月 1日 (日)

新年ですね~

あけましておめでとうございます♪ 旧年中はお世話になりまして、ありがとうございました。

さて、この子は…なんですが、初めまして。ケアンテリアの“レオーネ”と申します。ウィートンの男の子で、暮れも押し迫った12月30日に家にやってきました。名前のレオーネ(Leone)の意味は、イタリア語で雄のライオン、そこから転じて勇者、男性名でもあります。

Dsc_0053_2 

“衝動買い“ではないんですよ(笑) 姪っ子(26歳) が、10月から某ホームセンター内のペットショップに居ると言ってたんですけど、私が初めて見たのはピーが亡くなって2週間ほど経った頃だったと思いますが、それ以来、週に2回ほど買い物に行ってチラ見していました(^^ゞ 30万のトイプーは売れても、その半額くらいのケアンは全然売れないんですよね~(笑) そんなこんなで1日考えさせて欲しいと“商談中”にしてもらった翌日、買いますからって電話してしまいました。8/20生まれで、こじつけしてたら何でも有りでしょうけど、最初に飼ってたヨーキーの命日と同じなんですよね。4ヶ月過ぎてますが、 ルイとは半年違いで今のところ仲良くやってます。カピとはやや微妙な感じ(?)ですが…(^_^;) 

Dsc_0061

ワクチンも3回接種済みなので、元旦からお散歩デビューしました。 カラーとリードも初めてでしたが、少し歩くと全然平気で楽しそうでした♪

Dsc_0113

Dsc_0112

実物はもうちょっと可愛いんですよ(^^ゞ

00020001

カピとルイは最近時々衝突してますが、男の子同士なので、まぁしょうがないかなぁと、日々対策を考えております。今さらなんですが、テリアは群れるのがあまり好きではないそうで、我が道を行く彼らは多頭飼いには向いていないとか…(^_^;A

Dsc_1344

ルイの訓練は始めたばかりでまだまだですが、今年も頑張って頂きましょう^m^

Dsc_1484

年賀状用に用意していたミーシャんの写真。なぜか何回やってもアップロード出来なかったので、結局使えませんでした(^_^;)

Dsc_0045 

カピートとルイードとレオーネ+ミーシャで本年もよろしくお願いいたします。  

2016年12月31日 (土)

ピーターのこと

↓でとりあえずご報告から1ヶ月以上も空いてしまいまして…。落ち込みすぎて書けないとか、そういうことでもなかったんですけど、何となくバタバタ過ごしてこの時期になってしまいました。

きれいなお花も頂いて、お心遣いに大変感謝しております。

Dsc_1519

Dsc_0003

簡単にですが…4月にリンパ腫と診断されて、ステージ4→ステージ5末期ということで、後者の場合、早ければ1~2週間しか持たないこともあると言われつつも、比較的緩やかなCOPプロトコールを選択して幸いにも2クールで完解、その後も抗がん剤を2週おき、3週おきに続けて10月半ばに再燃するまで、毎回副作用で2~3日は体調が悪くなりながらも頑張ってくれました。再燃後も同じ抗がん剤を2週続けましたが、やはりあまり効果が芳しくなかったので、より強い薬を使うことになるわけですが、体力的に心配だったので、私の希望でインターフェロンの隔日投与で時間稼ぎをしようと試みた時期もありましたが、その間に白血球が爆発的に増えてしまい、貧血が進み、そのまま何もしなければ多臓器不全の方向に急速に向かうことは確実とのことで、レスキュー薬のロムスチンを使うことになりました。亡くなる10日ほど前のことです。輸血も考慮して頂いていましたが、急に上がった肝臓の数値のこと、輸血にはステロイドの投与も必要なことなど、輸血をすることでかえって余命が短くなる可能性もあると言われ、副作用の心配もあり、ロムスチンを通常の半分の量(1カプセル)を与えることにしたのですが、結果的にこの薬はピーにはほとんど効果がありませんでした。下痢や嘔吐といった副作用はありませんでしたが、食欲が落ちて体重が6kgに満たない状態になり、急速に体力が落ちていったように思います。膵炎も併発し、3日間絶食で点滴で過ごし、その翌日、好きなだけお水を飲んで、さつまいもを少しとステーキ用の焼いた牛肉を1枚の半分くらい食べて、自力でフラフラと歩いてトイレにも行っていましたが、翌朝静かに逝ってしまいました。 

9/22に近くの公園で撮った3ショット。

Dsc_1349_2

11/2には兄妹揃って鶴見緑地で遊びました。とっても元気にお散歩してたんですよ。カフェにも行って楽しかったね。

Dsc_1478

Dsc_1474

Dsc_1467

Dsc_1473

亡くなる2日くらい前の写真。7ヶ月の闘病生活って、人間だったら2年以上生きたことになるんだよね。

Dsc_1491_2

ピーちゃん、お疲れさまでした。今まで本当にありがとう。これからもずっと大好きだからね。“人畜無害”なキャラ(?)で、皆さんに可愛がって頂いて、ありがとうございました。

2016年11月28日 (月)

旅立ちの日

午前6時20分。ピーターが永眠いたしました。まずはご報告まで。

2016年8月15日 (月)

毎日暑いですね~

大阪は連日35℃前後の猛暑が続いていますが、人やワンコの皆さんも元気にお過ごしでしょうか?

(ピーが↓のような状況なので)たまにおそるおそる(?)ご機嫌伺いのメールを頂いたりもするんですが、とりあえず元気にしております(笑) 抗がん剤の投与も、下痢や嘔吐で途中で休みながら標準期間の8クールが終わりましたが、ステロイドの副作用とアドレスタンを休薬していたことも原因の1つで7月始めに『急性膵炎』になり、3日の絶食と点滴で復活しましたが、ステロイドをやめてアドレスタンをまた飲み始めたので、結局12クールまで抗がん剤を毎週続けて、先週から隔週に減らすことになりました。

Dsc_1283

そこまで行けるかなぁと言われていたこともあったので、有り難いことなんですけど、良くなったから薬を減らすというのとは少し違うので、私的にはやや不安(ピー的にはラッキー?)でもありますが、ま、心配しててもしょうがないので、とりあえずもう少し体重が増えるようにしたいと思っていますが、また膵炎になっても困るので、油は控えめにということですね(^_^;)v そこそこ機嫌良く過ごしております♪ 

Dsc_1217

ちょっとウザいのもいてるけど…(笑) 

Dsc_1323_2

ルイードは早いもので6ヶ月を過ぎて大きくなりました。 お散歩デビューの頃。

Dsc_1201

お気に入りの写真♪

Dsc_1208

4ヶ月半頃。縦に伸びて(?)華奢な感じの時もありました。ゴハンが足りてないのかなぁと思ったりもしましたが、カピと並ぶとそう見えるのかも?(笑)

Dsc_1251

この頃から助手席に一人で乗ってます^m^

Dsc_1261

ホームセンター大好き♪ おもちゃとかいっぱいあるし?(笑) 

Dsc_1263

ミーシャんともまあまあ仲良し♪ 家に来た時から居たので、あまり違和感はないようです。

Dsc_1294

寝相は…あんまり良くないです(笑) 4ヶ月頃はこんな感じ~

Dsc_1229

近頃はトイレで寝てたりとか…

Dsc_1325

脚出てたりとか…

Dsc_1300

一昨日の土曜日、私のズボンの裾を噛んでいて、気がついたらボタンが無くなっていて焦りました(@_@;) 時間外で急患受付の動物病院に連れて行ったものの、木のボタンでレントゲンに全く映らずでしたが、サイズ的に何とか出るんじゃないかということで無理には吐かせずで帰宅。結局翌朝吐き出してました(^_^;A

Dsc_1326

やや小ぶりな感じになるかなぁと思っていましたが、現在7kgでまだ大きくなりそうです。ルイードはやっぱりウエスだなぁとつくづく思う今日この頃。「山に捨てに行くよ~!!(怒)」って口が勝手に言ってたりしますけど、それはないので(←たぶんです)ご心配なく?(笑)

Dsc_1297

カピの手踏んでるし~(笑)

まだしばらく暑さの厳しい毎日が続きそうですが、皆さま元気にお過ごし下さいね♪ 

2016年6月 5日 (日)

ご報告など

ブログを開くこと自体約5ヶ月ぶりかという感じで、いつものことながら、その間に色々とありまして、時系列で報告することになってしまいますが…。

実は、3/16(水)午前11時15分頃ににヨーデルが永眠いたしました。2月に入って間もなくの頃、散歩の途中で軽い咳が出て、特に体調が悪い様子はなかったので、その時点ではあまり心配していませんでしたが、念のため動物病院に翌日連れて行ったところ、肺がんとの診断で、少し胸水が溜まっている状態でした。治療方針については先生とよく相談しましたが、体力的なこともあって、手術や抗がん剤での治療は勧められないとのことで、ステロイドと抗生剤とインターフェロン、D-フラクション、インターナチュラル、サメ軟骨パウダー、プロポリス、乳酸菌、漢方等のサプリメントも併用しながら、度々溜まる胸水を週に1~2回抜きつつ、もう少し状態が落ち着いてきたら“CGIリポ”というレーザー治療をする予定で、そのために注文して頂いた点滴薬も届いていました。あまり食欲がなかったのはずっと以前からでしたが、肺がんになってからは半強制給餌のように、体重に見合う量の穀物不使用(ガンには糖質はNGだそうです)のラム缶のフードを朝晩スプーンで食べさせていたので、最初に少し体重が減ったものの、あまりやつれた感じもなく、最後の日までそれ以上軽くなることはありませんでした。胸水が溜まってくると呼吸が苦しいことはあったと思いますが、さほど見た目には変わらず、前日にも病院に行っていましたが、今日はまだ抜かなくても大丈夫、明日でも構わないと言われ、夜に少し元気がないような気もしましたが、ほぼいつもと変わらない状態で、朝はもう少し元気がなく、病院に連れて行きました。体温を測ってもらうと35.5℃しかなく、すぐに酸素室に入れてもらいましたが、不整脈が出ていてレントゲンも炎症が広がって肺が映っていない状態で、そうこうしているうちに心臓が止まってしまいました。すぐに挿管してもらって一度は蘇生したのですが、「今夜一杯持たないかも…」と先生から言われてすぐに、また心臓が止まり、二度目に戻ってくることはありませんでした。もう少し長く生きられるために選択出来ることはなかったのか、前日に胸水を抜いていたら数日は日延べになった可能性はないのか、そんな風に思うこともありましたが、先代の4ワンが眠るお寺にヨーデルもお預けして、時が経って今は穏やかな気持ちでいます。子犬の頃からたくさんの方に可愛がって頂いて、ありがとうございました。後日、動物病院からお供えの花束が届きました。

Dsc_1180

4月に入って日常の日々を過ごしていましたが、18日(月)ピーターが体調を崩しました。ヨーデルよりも10ヶ月年上の14歳、甲状腺機能低下症とクッシング症候群という病気を抱えつつ、薬でコントロールして他の子と変わらない生活が出来ていることは本当に有り難いことなんですが、この日は夜中に水様の下痢をして、朝にも1回、見た目にはそんなに大したことはなさそうでしたが、少しお腹も痛そうな感じで、すぐに動物病院に連れて行きました。まずは血液検査の結果待ちでしたが、白血球が43,300(正常値は5000~13,500)もあり、その後の各種検査と3日後には外部機関での病理検査の結果も出て、その頃には元気になっていつものピーに戻っていたんですが、悪性リンパ腫と診断されました。今回も先生と十分に話し合い、積極的な治療をしなければ1~2週間しか持たない可能性もあると言われて、ヨーデルを亡くしたばかりで、正直なところかなりキツイ出来事でしたが、治癒は望めないものの、抗がん剤の効果が出やすい病気であるという説明を受けて、とにかく時間稼ぎがしたいと、翌日から『COPプロトコール』での治療を開始して頂きました。副作用はほとんど出ない弱めのプロトコールとのことでしたが、2クール目から下痢と嘔吐で週2回くらい余分に病院に行っているような状態で、クッシングでもともとステロイドが多く分泌される体質の上に、更に毎日ステロイドの錠剤を飲んで、一時期体調ボロボロ状態でどうしようかと思うこともありました。ただ薬の反応は良く、3クール目が終わった時点で寛解状態(悪性のリンパ球が見た限りでは無いこと)になりました。私の希望でビタミンCの点滴やら、ドッグフードをサーモンの穀物不使用のドライフード(それまでは↑のヨーデルと同じラム缶でした)に変えたり、D-フラクションやEF-2001(最強の乳酸菌らしいですが)の効果もあってか、少し減った体重も徐々に戻りつつあり、今は元気にしています。朝晩は喜んで散歩に出掛け、言わなければ病気と分からない普通の状態です(笑) まだ6クール目の途中ですが、今週からステロイドを隔日に減らしてもらって、8クールまで頑張ってもらう予定です。以前から高いALP等の数値はほぼ変わらず、少し貧血はありますが、白血球や血小板の数も安定していて、その後は隔週で“維持療法“を続けることになるかと思います。出来るだけ今の良い状態が維持出来るように、他院での免疫療法の併用も検討しています。今年はピーの誕生日の記事のUPが出来ずだったんですけど、3月には恒例の3兄妹でお誕生日会をしました♪ 

Dsc_1015

この時はもちろんみんな元気でしたが、ビオラちゃんも後日体調を崩して手術を経て、今は元気に過ごしているようなので良かったです。とりあえずピーも大丈夫なのでご心配なくです(^o^)v

Dsc_1182

で…でなんですが、実は1ヶ月ほど前から“隠し子”がいるんです(笑) 話が前後してしまいますが、4/17(土)に2/2生まれのウエスティの男の子を見に行きました。気分は即決でしたが、ちょっと一日考えさせて下さいとお願いした翌日、↑のようにグッドなタイミングで(?)ピーが病気になり、一度は白紙に戻したんですが、G・Wにまだ売れてなくて、ピーが落ち着いていたこともあって、思い切って5/7(土)に家に迎えました。名前は“ルイード”です。

Img_20160509_033335

Dsc_1115

Dsc_1118

Dsc_1126

トリマーさん、訓練士の先生からも気が強いとかやんちゃとか言われていますが、今度はおとなしくて従順ないい子に育てる予定です…って、たぶん無理、どう考えても無理、近頃は諦めの境地です(^_^;A ただ、カイよりは今のところ性格は多少マシなような気もしますが…とにかく元気!!(笑) 

Dsc_1170

Dsc_1171

Dsc_1177

カピがポジションを乗っ取られそうな勢いの今日この頃ですが、 これからルイードもよろしくお願い致しますm(._.)m

2016年1月 3日 (日)

謹賀新年

2016年 あけましておめでとうございます♪

Soranoue

本年も3ワン…

Dsc_0953

1ニャン共々よろしくお願いいたしますm(._.)m

Dsc_0964ちなみに、色・サイズ違いの4匹オソロ服です♪(笑)

2015年12月30日 (水)

イロイロありましたけど

2015年もまもなく終わりということで、今年を振り返ってみると、とにかく動物病院にしょちゅうお世話になったなぁと…(^_^;A

まずは4月頃にネコのミーちゃん。“膿胸”で40度を超える高熱を出し、1週間ほど通院してインターフェロンの注射と胸に溜まった水を数回抜いてもらいました。外に遊びに行く子なら珍しくはない病気だそうですが、家に来てから外に出したことは1回もなく、原因はよく分かりません。バリカンで毛を刈られてしまったので、毛が伸びるまでに3ヶ月くらいかかりました。

Dsc_0631

ネコさんはよく分からないので、だいぶ心配しましたけど、すっかり元気になったので良かったです。ただ、ネコに薬を飲ませるのはかなり大変ですね(^_^;) 

時々家の中で行方不明(?)になっております。こんな所に居たりとか…

Dsc_0764_2入ったはいいが出られなくなってたりとか…(笑) 

Dsc_0607_2

↑と同時期、突然ピーが左前脚の調子が悪くなり、痛がる様子はないものの、麻痺で歩行困難な状態になりました。病院での検査では特に異常無し。おそらく頚椎のどこかに原因があるのではないかと言われ、飲み薬と数回のインターフェロンの注射も特に効果無し。散歩に行くと爪先が擦れて血が出ていたので、絆創膏や靴下で何とかしのいでいましたが、“日にち薬”では治りそうにない感じで、大学病院に紹介状を書いてもらう前に、鍼治療が出来る動物病院に問い合わせの電話をして、早速連れて行くことにしました。鍼初体験の写真です。確か14本だったと思います。

Dsc_0625 そして30分後…帰る時にはあまりもたつかずに“小回り”が出来るようになり、早くも調子が良くなっていました。1ヶ月近く何も変わらなかったのに驚きでした。失礼ながら、あまり期待はしていなかったので、東洋医学を改めて見直したというのが正直な感想です。

2~3回通ってすっかり治っちゃいましたが、今も体調維持のために(お年なので?)月に1回通っています。ちなみに、こっちの動物病院はピーさんわりとお気に入りのようで、ドアを開けるとすんなり入って行きます(笑)

Dsc_0702_2

今のところ足腰はしばらく大丈夫そうです。

Dsc_0795

夏の間はヨーちゃんがいつもの食欲不振で病院に行きましたが、定期的な血液検査でも全く異常がなく、特に何もしてもらえずで、いまだにフードはよっぽど気が向かないと食べません。銘柄を10種類以上変えても食いつきの良いフードは見つかっていません。おやつが主食になっているので、体のためにはあまり良いことではないと思いながら、 先日トリミングに行ったら1.9kgしかなかったので、これはヤバいと思い、今は療法食の高カロリーの缶詰を私が手で口に入れて食べさせています。口から落ちたフードは拾って食べるので、まんざら嫌いでもないはずなんですけど、食器からは一切食べません(@_@;) 毛色や目が白っぽくなることもなく、動きも軽快な年齢不詳(?)のアンチエイジングなヨーキーです(笑) 

Dsc_0420

で、今年一番心配したのがピーター。9月初め頃のある夜、たぶん腹痛だったんでしょうが、晩ゴハンを食べてしばらく経った後、少し息が荒くてクンクン鳴き出しました。しばらく様子を見ていましたが、ずっと痛いような感じでもなく、眠っている時もある。オシッコや水を飲みに歩いて行くことは出来る状態で、救急病院の情報はチェックしつつも、翌朝まで待っていつもの動物病院に連れて行きました。診断は“胆管閉塞”でしたが、エコーでも胆嚢が写らず、現状で破裂はないと思いますが、薬が効くよりも先に破裂の危険性があること、3日間点滴と飲み薬で効果がなければ開腹手術で胆嚢切除と言われました。

Dsc_0790急変したらどうしようかと、祈るような気持ちで過ごした3日間でしたが、幸いなことにインターフェロンが効いて肝機能の数値は改善したものの、今度は膵臓が影響を受けて“急性膵炎”になり、またそれはそれで楽観出来ないと言われましたが、幸いなことに2日後にはだいぶ改善し、結局10日間くらい毎日通って、2週間後には飲み薬も終了で無罪放免(?)になりました。有り難いことです。クッシング症候群と甲状腺機能低下症という病気をダブルで抱えているため、肝臓系に常に負担がかかっている状態なので、他の病気のリスクも高めなんですよね。

11/23でカピは7歳になりました。真っ黒けで何だかよく分かりませんが、この方はとにかく毎日元気です(笑)

Dsc_0832

訓練は5年続けています。機会があれば、また大会にもと思っています。

Dsc_0941

ヨーちゃんは12/1で13歳になりました。この方はあと5年くらい大丈夫そうかも?(笑)

Dsc_0843

クリスマスにはこゆままさんからワン達に誕生日プレゼントが届きました♪ 今回は私にも美味しいプレゼントを頂いて、毎年のお気遣いありがとうございます(*^o^*)

Dsc_0966

ま、ざっとこんな感じでしたかね。とにかく一年無事に過ごせたことに感謝です。来年は病院に行く機会が少ないことを願って…(^_^;)v

2015年3月 4日 (水)

お誕生会♪

サボりまくりで遅ればせながら~ですが…ピーは1/31で13歳になりました(^o^)ノ キアッケレカーニ http://item.rakuten.co.jp/cani/682205/#682205 の大好きな馬肉ミートローフのケーキでお祝いしました♪

Img_20150202_035729 いつもの盛り付け例(?)はこんな感じ~ですが、やはり猫的にはスイートポテトの生地は不評だったようで…(笑)

Dsc_0483 で、毎年の恒例行事。今年は3/4に3兄妹でお誕生会♪ いつもの鶴見緑地で遊んできました(^o^)v 午後からはお天気も良くなって、暖かくてお散歩日和でした^^ 

Dsc_0554Can Bell Houseさんでランチ。ワン用に注文したメニューは撮り忘れてしまいましたが、ピーは鯵のリゾットと紫芋のデザート、馬肉団子ももらって、珍しくよく食べました^m^

Dsc_0548 次女のくるみちゃんとピー。個室っぽい席だったので、気兼ねなくゆっくりさせてもらいました(^o^)v 

Dsc_0547 長女のビオラちゃん。

Dsc_0543 ピーはトリミングに行ったばかりでしたが、今回なかなか可愛いとかいうウワサ?(笑)

Dsc_0553 ↑と同じく、ちょうど良い感じのベンチが壁際にあったので3ショット♪

Dsc_0549 その後、また公園に戻って、夕方まで鶴見緑地の中をぐるっとお散歩しました。

Dsc_0557公園で早速ピーが遊んでたので、ワンちゃんの顔がちょっと汚れてますが…プレゼントも頂いていつも感謝ですm(._.)m

Dsc_0564_3 あっという間にみんな13歳。また来年も3匹揃って元気にお誕生会が出来ますように(^_-)-☆ 今度はまた秋ぐらいにお会いしましょ~(^o^)ノ